クレジットカードのリボ払いにはご注意を

クレジットカードを申し込む時には、細心の注意を払って必要事項を埋めていきたいものです。当たり前のことですが、注意を怠ったためかなりの損害になってしまうこともあります。

私があるクレジットカードを申し込んだとき気になったことは、支払い方法の設定が初期段階ではリボ払いに設定されていたことです。私の感覚では一括払いが初期設定になっている方が自然なような気がします。

手数料の発生するリボ払いを初期設定にするのは、支払者側に不利益が生じる可能性のあることです。注意していたから良かったものの、何となく不信感を抱いてしまいました。

このクレジットカード会社は、メールやホームページでも、いつの間にかリボ払いに設定してしまいそうになることがあります。例えば、クレジットカードを利用した後に請求金額などをメールでお知らせしてくれるのですが、そのメールに後からリボ払いにできるということも記載されています。

細かい請求金額を確認するためホームページに飛びたいのですが、メール内にはクリックするだけでリボ払いに変更できるようなボタンもあり、間違えそうでいつも冷や冷やします。ホームページも、いつの間にかリボ払いに変更させるような工夫がされているようにも見受けられてしまいます。

もちろん、カード利用者が注意を怠らなければ済む話ではありますが、まるで意図的にリボ払いにさせようとするような手法は信頼を失うのではないでしょうか。

このページの先頭へ