クレジットカードの扱いは常に冷静に

クレジットカードを使いこなすには扱うときに常に冷静にいることが大切です。

よくある失敗例としては衝動買いです。現金がなくても買い物ができてしまうためについクレジットカードを使ってしまうという人は、はっきりいってクレジットカードを使いこなせていません。

クレジットカードはあくまで現金の立替であり、利用ポイントを手堅く貯めて特典のみをプラスで得るというのがベストの使い方です。余計な手数料やリボ払いで利子などを払うとそれは借金やローンになってしまいます。また年会費が高いものほど空港のラウンジを使えたり、カードについている保険なども内容が手厚かったりしますが、それらを得るために年会費を払うのは本当にお得なのかというのを冷静に判断してみましょう。ポイントにも注意です。

ポイントのために買い物をすればカード会社の思う壺です。そうならないようにむしろポイントは意識しないほうが冷静にクレジットカードを使うことができます。

きちんと使えば安全ですがそれでもセキュリティ意識を高めにして使うことも大切です。

暗証番号の設定やネットでの入力など冷静に最新の注意を払って使うようにしましょう。

クレジットカードは冷静に使えばむしろ無駄使いなく、堅実に便利に使えるものです。


このページの先頭へ