クレジットカードの審査に受からない時にすべきこと

クレジットカードの審査に落ちてしまうというのは、簡単に言えばカード会社に信頼されていないのが原因です。カード会社は基本的には一人でも多くの人にカードを使用してほしいので、利用の力がある人を弾くことはしません。それと同時に、支払いの能力がない人に、カードを発行することを厭います。

カード会社は、利用者を信じて後払いのシステムをとっているので、後からお金を回収できないなという人には、カード自体を発行しません。カードを正しく利用できる人か、審査を行って支払い能力を見極めて、クレジットカード会社はシビアに判断を下します。

収入が少なかったりなかったり、過去にクレジットカードの滞納的があったり、お金にルーズな行動が見てとれる人は、審査に落ちる可能性が高くなります。また嘘の連絡先や住所を告げるなど、虚実で支払いの責任を逃れようとする人も、同様に利用不可とします。それが故意でなくてもミスであっても、カード会社には判断がつかないので、まとめて審査には通しません。

クレジットカードの審査に落ちてしまったという時には、己の状況を確認してみましょう。何が原因で信用されなかったのか、それを知ることが、再審査で成功を掴む第一歩となります。


このページの先頭へ